金属アレルギー

  1. HOME
  2. 金属アレルギー

歯科金属アレルギーについて

ここ最近、金属アレルギーの患者さまが増加してきました。お口の中に金属が入っていることでアトピー性皮膚炎のような症状を引き起こすことがあります。
必ずしも歯科金属だけが原因ではありませんが、アレルギー症状と歯科金属の何らかの関連性が指摘されています。

歯科用金属の中で特に問題なのは、アマルガムという詰め物に含まれる水銀です。
アマルガムがお口に入っている方は、外した方が良いでしょう。
患者さまが金属アレルギーに気が付くきっかけは、ピアス、ネックレスの使用によるかぶれや湿疹などの皮膚症状が発端となることがほとんどです。

もし何らかのアレルギー症状が気になるようでしたら、
歯科金属アレルギーについても考えてみる必要があります。

歯科金属アレルギーとは

お口の中に入っている歯科金属が原因で、口の周りや体に皮膚炎のような症状を起こすことです。
お口の中の金属を外すことで、ほとんどの患者さまの症状が楽になります。歯科金属を外した時に、金属がお口の中で広がり、一時期症状が悪化する場合がありますが、少しずつ治っていきます。

どうして金属アレルギーになるのでしょうか?

金属アレルギーは、直接金属に触れることによってアレルギー反応が起きるわけではありません。金属から溶け出た金属イオンが、皮膚や粘膜のたんぱく質と結合して、新しいたんぱく質を作ります。このたんぱく質が、今まで自分で持っていたものとは違うたんぱく質のため、免疫細胞が過度に反応しアレルギーを起こすのです。

結合図

金属アレルギー治療について

アレルギーの原因となる金属の種類がわかりましたら、その歯科金属をはずします。
一度アレルギー症状を起こした患者様は、連鎖反応のように次々とアレルギー症状を引き起こす可能性があります。ピアスやアクセサリー等の金属にも注意が必要です。