一般歯科

  1. HOME
  2. 一般歯科

虫歯や歯周病、咬み合わせなどのお口の中全般の病気に対する治療で、
基本的には保険内での治療になります。
一人ひとりに合わせた治療をご説明し、専門的な治療に進むかどうか相談しながら決めていきます。

虫歯とは

原因は主に「ミュータンス菌」という細菌で、
この菌が作り出す酸によって歯が溶かされてしまう病気です。
進行すると神経や歯を抜いたりしなければならないケースもあります。
大切な歯を失う前に、早期治療をおすすめします。

虫歯の進行

虫歯は英語「Caries」の頭文字の後ろに番号をつけて進行状態を示します。
番号が大きくなるほど虫歯は大きくなります。神経を抜いたり、抜歯をしなければならないケースもあります。大切な歯を失う前に、早期治療を心がけましょう。

C0

C0

表面が少しだけ溶けた軽度の虫歯です。
ごく初期の場合は歯磨きをすることで治る場合もあります。
(歯の再石灰化)
削らないで様子をみます。

C1

C1

虫歯の初期です。
ほとんど痛みがありませんので、麻酔をせず虫歯の部分を削って
レジン製の詰め物(白いプラスティック)を入れて
治療は終わります。

C2

C2

虫歯の中期です。
虫歯の部分を削るのは前段階と同じですが、
削る量が大きくなります。
型をとり、詰め物を入れます。
レジン製の白い詰め物は使えない場合があります。

C3

C3

虫歯の後期です。
神経まで虫歯が進行しているので神経を取る治療をし、
歯の根の中を綺麗にしなければなりません。(根幹治療)
今までの虫歯の状態に比べて治療の回数が増えます。

C4

C4

ほとんど歯(歯冠)の部分は残っていません。
歯の根の先に膿が出来てしまうことがあります。
根幹治療をして治る場合もありますが、
治らない場合は歯を抜かなければならないこともあります。