クリーニング

  1. HOME
  2. 予防歯科
  3. クリーニング

歯のクリーニングとは

歯科医師や歯科衛生士によって、歯の表面についたご自身の歯磨きでは取りきれない歯垢(プラーク)や歯石、着色を専用の機械や器具で取り除く治療です。

歯垢(プラーク)とは、食べカスの事ではありません。細菌と代謝物のかたまりです。
歯の表面に付着している、白色または黄白色のネバネバした物質です。
1mgには1億個以上の細菌が存在しています。

なぜ自分で磨いているのに歯科医院でクリーニングが必要か

歯の表面についた着色や、歯垢、歯石は、虫歯や歯周病の原因となります。
歯石は、歯垢が石灰化し強固に張り付いたもので、自分自身の歯磨きで取りきることはできません。
このような理由から自分では落としきれない歯垢や歯石は
定期的に歯科医院で取り除く必要があるのです。

効果について

歯の表面についている汚れを取り除きますので、歯本来の輝きを戻すことができます。

クリーニングだけで歯の変色まで改善させることはできません。
白さを求める方は、併せてホワイトニングの処置が必要となることもあります。
ホワイトニングについてはこちら

クリーニングの回数

汚れが付着するには個人差がありますが、だいたい年2~4回が目安です。
周期は患者様ごとに異なりますので、詳しくは、歯科医師や歯科衛生士にご相談ください。

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

フッ素が配合されたジェルやペーストを用いて、
歯の表面の着色や歯垢、歯と歯茎の間に溜まっている歯垢を機械や器具で磨いて取り除く治療法です。
歯の表面を磨いて滑らかにするため、汚れが再び付きにくくなります。
クリーニングの後に、PMTCを併せて行うと、口腔内の状態をより良い状態に保つことができます。